メルマガ登録・解除 ID: 0000193053
作曲家ヒロエ先生が贈る音と癒しのリラックス・タイム
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2007年02月25日

かっこいい光景♪

こんにちは。訪問ありがとうございます。


横断歩道でおじいさんがうまく渡れずに困っていました。

すると、若者が走りよってきました。

そしてさらに、反対の方向からも若者が走りよるではありませんか!

二人はおじいさんを抱えるような形で横断歩道を渡りました。

かっこいい〜♪

もちろん若者二人は全然面識はなさそうです。

このような場面って、わかってはいても恥ずかしさが先立って何もできないことが多いものです。

車の中で見ていて、二人の若者に拍手を送ってしまったのでした。

いや、ほんと、信号待ちの間のほんの短い時間にこんなかっこいいできごとを見ることができて、幸せです♪





posted by mermaid at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリング・パーソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

足るを知る、ということ

こんにちは。訪問ありがとうございます。


日本語に『足るを知る』と言う言葉があります。

生きていると、かならずしも毎日いいことばかりあるわけではありません。

それでも、手にすることができていることもあります。

仕事がうまくいかない・・・・・(でも愛する家族はいる)

手にしているお金が少ない・・・・(でも今日もご飯が食べられた)

病気になってしまった・・・・(でも頼れる人がいる)

などなど、いろいろな状況が考えられると思います。

究極の『足るを知る』は『それでも生きることができている』ということではないでしょうか。


辛くてもうどうしようもないと思うときは、それでも足りているものを何か見つけてみてください。
posted by mermaid at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

チャレンジに年齢は関係ありません

こんにちは。訪問ありがとうございます。


カーネル・サンダース氏がケンタッキーフライドチキンを始めたのは65歳のときだそうです。

65歳で、いただいた年金の額のあまりの少なさにショックを受けてとびこみ営業を始めるも、誰も相手にはしてくれず、やっと一軒話を聞いてくれたお店の店頭で売らせてもらったのが始まりなのだそうです。

チャレンジに年齢は関係ないのですね。

とても勇気づけられます。

そういえば・・・・・

伊能忠敬氏が地図の勉強から始めて日本最初の地図を作りあげたのも、かなり高齢だったような気がします。

それまでは全く違う世界で活躍されていたようです。

いくつになっても年齢を言い訳にしない女でありたいと思います。
posted by mermaid at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

春の素敵な植物の話 2

こんにちは。訪問ありがとうございます。


植物の話 その2です。

古いお茶は、新茶が出るころになると(まだ少し先ですが・・・・)とてもいい香りを発するようになるのだそうです。

ううっ・・・・・・(泣)

けなげです。

まるで若い女子に負けまいといろいろな努力をする女子のようです!

(パックされたままいい香りを発するというのも、よく考えればちょっぴりホラーな気もしますが・・・・・・)

いえいえ。

女子のみなさんすみません。


この話を聞いて、年齢を重ねていい香りのする女性になりたいな、と思った今日の私です。

うふ♪

posted by mermaid at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

春の素敵な植物の話

こんにちは。訪問ありがとうございます。


『譲葉』(ゆずりは)

・・・・庭に植える常緑高木。葉はビワに似ており、春、黄色みを帯びた若い葉が出た後で古い固い葉が落ちる。葉を正月の飾りにする。(新明解 国語辞典より)

次の世代の成長を確かめてから、自分の命を終える葉。

自分の命に執着することなくいのちをひきついでいく葉。


素敵です。

春の植物。

posted by mermaid at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

右のほほを打たれたら・・・?

こんにちは。訪問ありがとうございます。


キリスト教に『右のほほ打たれたら左のほほも出しなさい』
という一節がありますが・・・・・・・

クリスチャンの人たちはみなさん守っているのでしょうか?

(いえ、別に嫌味ではなく・・・・・)

私なら右のほほを打たれたらそれ以上打たれないようにその人から離れてあげます。

それは自分がそれ以上被害を受けないためでもありますが、その人にそれ以上罪を犯させないためでもあります。

合気道では、攻撃を受けたときにこころえがあるから戦うのではなく、まずは逃げることがよしとされています。

日常生活でもそんな強い心がもてたらいいな〜と思います。




posted by mermaid at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

デキる優しき男♪

こんにちは。訪問ありがとうございます。


駅のホームで素敵な男性を見ました。

携帯で仕事の話をしているようですが、どうも部下か同僚が遅刻したもよう。

『・・・・で、ひきとりはどうする?』

など、ひとしきり仕事の段取りを話した後、

『だいじょうぶ。待ってるから、のんびりおいで。』

きゃ〜っ かっこいい♪

(盗み聞きごめんなさい♪)

遅れた人は多かれ少なかれ焦ったり罪悪感にかられているもの。

そして遅れた分を取り戻そうと必死に急いでいます。(・・・
るはず。)

そんなとき、(もしも状況が許されるなら)だいじょうぶ、とか
ゆっくりおいで、と言ってもらえたなら、私ならうるうると泣いてしまうかもしれません。

こんな素敵な気遣いができる男はデキる男にまちがいない!

『だいじょうぶ。待ってるから、のんびりおいで。』

きゃ〜っ。

(もしかして、奥さんか恋人かな・・・・・・)

(みなさん、盗み聞きはやめましょう♪)
posted by mermaid at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーリング・パーソン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

想像力は思いやり

こんにちは。訪問ありがとうございます。


花粉症研究所のHIROEです。

花粉症です。

つらいです。

・・・・・・でも、『くしゅん。くしゅん。』と苦しんでいる私を見て笑う知人がいるのですよね〜。


私思うのですが、想像力とは高等動物にしかない力だと思うのです。

自分と違うものへの理解力や想像力は、(たぶん)高等動物でないともちあわせることはできないのではないでしょうか?

それは別名『思いやり』ということもできると思います。
『優しさ』ということもできると思います。


花粉症のみなさん、がんばりましょう!

世の中に思いやりのある人が増えることを願うこの季節です。

(個人的にはくしゅん、とかしていても知らんぷりしてくれていることが一番助かります。)

posted by mermaid at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

自分を愛する心が戻るとき

こんにちは。訪問ありがとうございます。


数日前に不本意な髪型になってからというもの、美を追求する心がすっかりなくなって、服装もやる気がなく、仕事後は家でスナック菓子を食べながらDVDなど観ていた(でもこれは結構しあわせなんですよね〜)私です。

当初は『どうしちゃったの?』『切りすぎだよね』『前のほうが全然よかったよね』とさんざんな言われようだったのですが・・・・きのう初めてほめられました。

しかも何人もの人に!

まあ単純に『伸びてきた』というだけかもしれませんが♪

その瞬間、『あまりひきこもっていてはだめだ。スナック菓子をやめよう。美を追求しよう!』という意識がふつふつとわきあがってくるのを感じました。

こういうのを『誰かの声でまたおきあがれるように〜(byコブクロ)というのでしょう。

あなたももしかしたら今、道にばったり倒れている状態かもしれませんが、またおきあがれるように応援してくれている声が必ずあります。

耳をすませてみてください。


自分を愛する心が戻ってきたことに、ありがとう。

posted by mermaid at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

ダンディズムについて

こんにちは。訪問ありがとうございます。


白鳥は優雅に湖に浮かんでいるように見えて、実は水面下で必死に水をかいているのだそうです。

それはダンディズムやエレガンスに似ています。

辛いことや苦しいことは表に出さず優雅な面を見せることは、実はとても大変なことで、それができた人が真のダンディズムやエレガンスを手にすることができるのだと思います。

きのう話にでたゴダイヴァ夫人。

かっこいいと思います。

皆のしあわせのために死ぬほどはずかしいことをする勇気。

これもダンディズム!

女性の中にもダンディズムを持つ人はいます。

posted by mermaid at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 心のヒーリング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。